歯医者さんで安心して子供の歯の治療をするために

いつまでも健康であるために

小学校高学年までの間は乳歯から永久歯に生え変わる時期です。この時期に虫歯になって痛みが出てくることも少なくありません。いつまでも放置をせずに早めに大阪の小児歯科で歯を受診することが大切です。

歯医者さんで安心して子供の歯の治療をするために

治療

受診する前の注意点

「歯医者さんは怖い」というイメージを持っている子供が多いです。そのため親御さんは子供に対して配慮しなければいけません。まずはなるべく午前中に受診するようにしましょう。午前中であれば体調が良い場合が多いためです。午後になってしまうと疲れてしまいがちです。また子供に嘘を言って歯医者さんに連れて行かないようにしましょう。益々歯医者さんを嫌いになってしまう原因になります。待合室では子供をリラックスさせるために本を読み聞かせしたりしてあげましょう。

治療後の注意点

小児歯科の多くが歯の治療をする前に局所麻酔をします。時には1~2時間程度口がしびれてしまうことがあります。治療をした後は口に触れたり噛んだりしないよう監視してください。また歯の治療をする際に抜歯をするときがあります。抜歯した後に血が中々止まらないこともありますが、そのようなときはガーゼなどで出血部分を保護してあげましょう。20分程度ガーゼなどで保護しても止血しない場合はすぐに歯医者さんへ連絡したほうがよいです。

広告募集中